包丁を研いで調理をしやすくしてみませんか

時間は大切です。
効率よく使いたいですし物事が滞るとよくありません。
食事の支度も出来るだけスムーズにしたいものです。
それには包丁の切れも関わってきます。
切れの悪い包丁は調理に時間が掛かるばかりか手も疲れてしまいます。
そこで包丁を研いで切れを良くしてみましょう。
研ぐには砥石が必要です。
砥石は切れが悪くなった包丁を研ぐ荒砥石、切れを良くする中砥石、仕上げの仕上砥石と3段階で研いで行きます。
砥石はまっすぐの状態にしておきます。
研いで行くと真ん中が窪んできますが平たいコンクリートなどに擦りあわせてまっすぐにしましょう。
研ぐと砥石の泥が出ますが刃を鋭くする為に必要なので水を掛けながら研ぎます。
研ぐ時間は掛かりますが包丁の切れが良くなり調理もはかどります。

インターネット上のトラブルを解決致します。

会社の誹謗中傷被害に困っている
相談無料で承ります。

害虫被害に遭われてる方必見!
当社はアフターフォローも万全!!

最新投稿

  • 包丁と手指の動きは互いに助け合っている様です

    日頃何でもない事でも怪我などで使い難くなれば健康な身体の有難さが分かります。
    指先が割れたり手 …

    続きを読む...

  • 包丁の切り方次第で同じ食材が形も味も変化します

    日本料理の美しさの一つに切り方があります。
    食材の持つ色・味などを活かして美しく見せる技法です …

    続きを読む...

  • 料理はタイミングが大事。
    包丁を使う時も計算に入れよう

    メニューを考えるのは大変です。
    すぐに思い浮かぶ時は良いのですが中々決まらない時の方が多いです …

    続きを読む...

  • 包丁を安全にそして長持ちさせる為に保管に適した場所は

    窓を開けて風が通るのを感じる時は気持ち良いですね。
    部屋の滞っていた空気が動き出して新しい空気 …

    続きを読む...

お知らせ